選ばれる婚活プロフィール女性 Vol.3【自己PR】

MICHIE
ステキな自己PRで注目を集めて下さいね!!

『男性って何に注目しているのだろう?』『男性って何を意識して読んでいるのだろう?』『男性ってどこを見て会うかを決めているのだろう?』と悩まれている方に向けた選ばれるためのプロフィール作成のポイントについて【基本情報】【希望条件】と分けてお伝えして来ました。

メールや手紙で、「あれ?伝わっているのかなー?」「何を言いたいのか分からない!」と感じた経験はありませんか?
相手に伝わらなければ、伝わってないことと同じです!!
プロフィールとは、コミュニケーションと同じで、あなたの思いが伝わらなかったら意味がない!!

そこで今回は、選ばれるためのプロフィール Vol.3 【自己PR】について、男性が見ているポイントと合わせて記入例をまとめました。

自己PRとは

趣味や休日の過ごし方などを書く項目であり、性格や価値観をアピールできます。趣味、資格、お酒やタバコといった嗜好品、宗教など、プライベートな小ネタなどを書く項目です。
興味を持ってもらわなければ会話が弾まない、共通点がなければ会話が続かな、自己PRとは、コミュニケーションと同じです。いかに共通点がたくさんあるのか!を重視して項目を見ています。

タバコ・お酒

健康志向の時代だからでしょうか、お酒やタバコといった嗜好品については皆さん女性の方が気にするポイントではないでしょうか?
お酒を飲める方なら、嗜む程度と女性らしい表現の仕方もあります。間違っても「男性より強いですー」なんて記載しないで下さいね。笑

喫煙についての記載は専門家の中でも賛否両論ありますが、私は「印象が悪くなるから」と言う思いだけで吸わないと嘘は書かないことを勧めます。いずれ嘘はバレます!
但し『相手が望むならやめます。』とか、『婚活と同時に禁煙チャレンジ中』など、吸ってはいるけど辞める努力はします。と一言アピールは必要だと思います。

最近は、健康志向の男性も増えてきていますから絶対にNG!と言われる方も現実には大勢いますが、逆に愛煙家の男性は、吸っていない女性に対してのアプローチはハードルが高くなるようです。禁煙外来のデータによると女性より男性の方が禁煙できない傾向があるそうですから、喫煙が要因になったストレスを抱えることをイメージしてしまうのかもしれませんね。

とは言え、どれだけ相手を認められるかが、結婚には大切なことですから、互いにしっかりと向き合うならば、タバコやお酒は重要では重要ではないように私は思いますが、記載については、皆さんのご判断に委ねます。

男性が見ているポイント!
全くチェックしない方もいる項目ですが、男性ご自身が愛煙家やお酒好きな男性などはチェックする傾向があります。あくまでも共通点探しとして見ていると思います。

宗教

海外にて、ブライダルプランナーの経験がある私から見ると、日本の多くの方は、文化や風習の中で宗教的な行い(初詣、七五三、結婚式、ハロウィーン、クリスマス、その他etc)をしているのに、宗教を理解してない方が多いと感じます。宗教によって結婚規律が違うこともあって、海外ではとてもデリケートに扱われる問題であり、人生に直結する大切な問題でもあります。
日本人の多くは、無宗教の方が多いと言われますが、仏壇や神棚は実家や祖父母の家にあるでしょうし、中には純粋に宗教を信仰している方もいます。宗教=カルト集団ではありませんので、この項目も、どのくらい個性として受け入れ理解出来るのかがポイントになると思います。家族代々に渡って信仰している宗教などがある場合は、結婚生活に関わってくるので隠さず記入しましょう。

男性が見ているポイント!
多くの女性は占いやスピリチュアルが好きですが、男性はその方が判断基準に使われることがあるから怖いと言います。パーティやお見合いでの会話にて、もし趣味やご自身が何かしらの占いが出来る場合であっても相手を見てお話しされることをオススメします。釈迦の言葉にあるように「人を見て法を説け」です!
公にはしていませんが、私自身も専門家して占い鑑定やセッションをしております。笑
ご興味のある方はこちら

休日の過ごし方

趣味や休日の過ごし方趣味や休日の過ごし方は、パーティなどでも会話が盛り上がるポイントですが、、殆どの男性は女性の趣味とは縁遠く、説明しても深くは理解出来ない方も多いのが現実です。

   

【例文】
休日は、フラワーアレンジメントの教室に通っています。最近はアロマにも興味があり、夜眠る時にアロマキャンドルを焚いて眠るのが習慣です。

男性からの見たポイント!
「え”っ???フラワーアレンジメントと生け花の違いって何?アロマキャンドルって、ろうそくとは違うものなの?」女性の趣味や興味があることを学んでいない男性にとっては頭の中がクエスチョンだらけになってしまいます。「この女性とは共通点も少ないから、身近な趣味を持つ女性の方が良いなー。」と思われてしまいます。


【例文】
● 料理が好きなので、休日はアウトドアで楽しめる料理を勉強しています。今年は、キャンプでベーコン燻製にチャレンジしました。キャンプに限らず、釣りや山登りなど一緒にアウトドアを楽しめる方とお付き合い出来たら嬉しいです。得意な料理はハンバーグやシチューですが、冷蔵庫の中にある残り物で簡単な料理を作るのが特技です。

● カフェで読書をしながら休日を過ごすが多いです。好きな本のジャンルはミステリーやファンタジー。電子書籍ではなく、本で読んでます。本の香りが好きで何故か癒されてしまい、あっという間に時間が過ぎてしまうほどです。未来の旦那様とは、ゆっくりとした時間の中で一緒に過ごしたいです。

● 休みの日は、家でのんびり過ごしたりしています。学生時代はテニス部で身体を動かすことが好きでしたが、最近はスポーツ観戦に興味があります。中でも、ゴルフやサッカーに興味があります。趣味を一緒に共有できる夫婦になりたいです。

● 休日は、朝からジョギングをして汗を流しています。最近は、パン屋巡りにはまっています。料理はあまり得意ではないですが、おかげでパン作りは上手になりました。パンに合うスープは家族からも好評です。早く未来の旦那様に作ってあげたいなー。と思いながら料理の勉強をしています。食べることの好きな男性を探しています。


できる女性はここが違う!
・男性が話題を振りやすいことを書くこと
・男性が好む女性(料理、癒し、趣味共有など)をイメージさせること
・一緒に過ごす休日をイメージさせること
・ポジティブに感じる表現をすること


お悩み(婚活、恋愛、結婚、SEXなど)聞きにくいことやネットには載っていない悩みなど、男女のことなら何でもご相談受け付けております。

無料相談に今すぐ申し込む

ABOUTこの記事をかいた人

橋本美知江

恋愛には〔学ぶ恋〕と〔育む愛〕の2種類がありますが、結婚には〔互いの信頼〕が何より大切です。本当に大切なものは、なかなか自分1人では気が付けませんが、一歩ずつ「悩み・学び・認め・成長する」恋愛プロセスを通じて、1人でも多くの男女が強い絆を結べるように!その小さな一歩が、未来の大きな一歩に繋がるように想いを込めながら「誰かの一歩のために」支援をしています。