40歳からの男の婚活

いつの間に40代?!

仕事が一段落した頃、フッと『家族を持ちたいなー。』と思う瞬間が湧いてきて、でも気付けば恋愛からは縁遠く、出会う機会も昔ほどあるわけではない自分がいることに気付く。

『気付けば俺も40歳かー。』

今回は、そんなリアルな現実に揺れ動く男心と向き合っている40代男性の心の葛藤を考えてみました。

5年毎に実施している国勢調査(2015年時点の国勢調査のデータ)をもとに、40代の未婚率について、男女別・年齢別でみていきます。年齢は、40~44歳を40代前半、45~49歳を40代後半として分けてます。40代全体の未婚率は、40代前半で24.6%・40代後半で21.0%となっており、およそ4~5人に1人が未婚です。
次に男女別でみると、40代男性の未婚率は、40代前半で29.3%・40代後半で25.2%となっており、40代女性の未婚率は、40代前半で19.1%・40代後半で15.3%です。

出典:平成27年度国勢調査(総務省統計局 )

愛が先か、行動が先か?

好きか嫌いだけで恋をしてきた自分から、何やかんや理屈や理由をつけた恋に変わってしまう40代。

俺は何で結婚していないんだ?えっ、俺ってそもそも結婚したいのかな?
愛があるから結婚するのか?家族を持つから愛が生まれるのか?そんな疑問すら頭を過ってしまう年頃。

自分という男を確立させるために、仕事に励んできた自分、そこそこ恋愛経験もあるし、趣味も楽しんでいる自分が存在していて、そこに心地よさも感じている人も多いのではないでしょうか?

美人は3日で飽きるし、恋愛は3年がピーク!!付き合ってから『愛している』って言葉を毎日3ヶ月間言い続けた時点での満足度が、愛の深さに比例していると言いますが、愛とはなんぞや?と悩める男性には、毎日そんな言葉を言言いたくなる女性がこの世に存在するのか?と首を傾げてしまうはず・・・

恋はそこそこしてきたけれど、改めて考えれば本気で愛されたり・本気で愛したりした経験がないのかもしれない。
今さら誰かを愛せるのだろうか?俺を愛してくれる人なんているのだろうか?
などなど、言い訳や理屈ばかりを考えてしまっていませんか?

本音では愛に渇望しながらも、言い訳や理屈でごまかして、今のまま・このままの状態から抜け出せないない自分。
本当に抜け出したいのなら、どうしたら行動できるのか?どうしたら本気で愛せるのか?

包容力と庇護欲

【男の包容力、庇護欲】をくすぐる女性との恋愛はうまく行くと言います。

出会った頃は、女性のわがままも可愛く思えて『守ってあげたい・大切にしてあげたい』と思うのが男性です。そこには大人ならではの、多少の演技も入るけど、それが甘美な恋愛を演出してくれてて・・・
しかし、時間の経過とともに、段々と演技から素の状態になりかけた時に、恋愛ドラマは始まるものですよね。

「こんなはずじゃなかった・・・」「こんな相手だと思わなかった・・・」ガビーン。

ある程度、時間や金銭もゆとりが出来てくる40代。
大切に感じる=愛情
はとても似ている想いなのだけど、ある一定の期間が過ぎると大切に感じるものは彼女以外(仕事、趣味、仲間など)にも存在している現実に気付いてしまうのよね。

愛情は、相手にお金や時間をどれだけ避けるのかで決まると言いますが、ある意味、お金と時間を費やした分、愛だと錯覚もしてしまう事もあります。例えば、疑似恋愛とか・・・
こんなはずじゃなかった経験をしている男性は、相手にかけるより自分にお金や時間をかけるように変化します。

しかしながら・・・
自己愛が強く、いわゆるナルシスト傾向があると、人を心から愛せないと言います。
趣味や仕事に情熱を向けている人も、人を心から愛せない言います。
傷付くのが怖いから、恋愛以外に走ってしまうのはナンセンス。自分がかわいそう・・・

長続きするには類似している方が良いと言言いますが、確かに、社会のステータスや知性が似ている相手とならうまくいきます。嫌いなコトモノや感動するポイントの価値観が似ているとうまくいきます。
もしかしたら趣味やコミュニティの交流の中に相手がいるかもしれません。頭で考える恋愛ではなく、五感を共有できる相手ならうまくいきます。
友達からのスタートならハードルも高くないはずですから、好きやタイプ以外の視点から相手を探してみるのもお勧めします。

https://quest-works.com/for-yell/

光と影の側面

スイスの心理学者カール・グスタフ・ユングは、向き合うことを拒絶した自分自身の否定的な側面を影(シャドゥ)と呼んでます。

私は長年、カップルや夫婦のカウンセリングをしてきましたが、影とは、自分が何者であるかを教えてくれる大切なものであり、光とは、闇の中から、何かに目覚め、気付いた時、心の底から湧き上がる感情と情熱のことだと思っています。

全ては光と闇(陽と陰)の側面から成り立っています。男女の関係も同じです。

内に秘めた願望を実行に移す事が、本当の自分と向き合う行為となります。それが、変容と成長能力のプロセスだとユングも言っています。
恋愛や結婚に対して、臆病になるのも・一歩踏み出せないのも、あなたの奥に眠っている欲求や願望に気付いていないだけなのだと思います!!

あなたの闇の側面と向き合う事で、何か光が見つかるかもしれません。
とは言え、男性は人に相談することを良しとしないのですよね・・・40歳を過ぎると特に。
でも安心して下さい!!男気のある姉御肌キャラだからなのかもしれませんが、私の元に訪れて下さるお客様は男性の方が多いです。
異性(女性)のことは、女性に聞くのが一番です!あなたのお悩み(婚活、恋愛、結婚、性関係など)聞きにくい悩みなど、男女のことなら何でもご相談受け付けております。
30分無料相談受け付けてます。下記からどうぞ

今すぐ申し込む

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

橋本美知江

恋愛には〔学ぶ恋〕と〔育む愛〕の2種類がありますが、結婚には〔互いの信頼〕が何より大切です。本当に大切なものは、なかなか自分1人では気が付けませんが、一歩ずつ「悩み・学び・認め・成長する」恋愛プロセスを通じて、1人でも多くの男女が強い絆を結べるように!その小さな一歩が、未来の大きな一歩に繋がるように想いを込めながら「誰かの一歩のために」支援をしています。